夏休みは休めない💦子育てママへ  「夏の風邪の対処法」

こんにちは!

ボディカラースタイリストの山田祐子です。(改めてこの書き出し(笑))

ボディカラースタイリストとは?

こちらの過去ブログをご覧くださいね。

https://yumeblo.jp/yuko/2017/archives/8940

 

今日は夏風邪をひいた時の対処法について書きますね。

夏休み真っ只中!!

あちこち出かけて、生活リズムも乱れ、

すると、現れるのが「夏風邪」💦

冷房の影響や非日常が続くと、身体のコントロールが効かなくなり

様々な症状を引き出しながら訴えます。

そこでオススメなのが「足湯」です!!

 

我が家は小さい頃からこの方法でピンチを乗り越えてきました(笑)

3人いると風邪が循環して、看病疲れしてしまいます💦

ですので、この方法は我が家にとって欠かせない手当なのです。

子供達も翌日回復するので、今では体調が悪いと自ら「足湯」をリクエストします🎶

以下まとめましたので、是非お試しください!

 

<足湯について>

 風邪は身体のバランスを取り戻す自浄作用です。

素早く対処し、偏りを修正することで回復力を早め、「元気」な身体を取り戻します。

お腹から上の風邪(発熱、頭痛、鼻風邪、喉も痛み、咳など)には足湯が効果を発揮します。

※下痢など、お腹の風邪には膝から下を温めます。

 

  1. 両足首までお湯に(少し熱つめの、43℃が理想)7分入れます。その間、足首に感じる温度の鈍い方を覚えておきましょう。
  2. 7分後両足を出し、温まらない方の足、あるいは色の悪い方(赤くならない方)の足を追加で3分お湯に入れます。
  1. 終えた後、指先から丹念にタオルで水気を拭き取ります。
  2. 足湯を終えたあとは速やかにお布団に入り、身体を休めます。
  3. 寝ている間にたくさん汗をかくので、水分を摂り、衣類はこまめに着がえるようんしてください。

注意:

  • 足湯の間、お湯が冷めないように、差し湯をしましょう。
  • 時間はいつでも良いのですが、朝か就寝前が一番効果的です。
  • 秋は就寝前を避けるようにしましょう。
  • 一度平熱よりも下がる傾向にありますが、平熱に戻るまでは安静にしておくことがポイントになります。

 

 

 

 

 

 

 

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

関連記事一覧

RAYS色彩心理研究所

Profile

TRINANGLE 友だち登録

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↓↓↓

インタビュー動画が公開されました

来るAI時代に、尊厳破壊の危機をチャンスに大反転させ、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造WEBマガジン”Re・rise News”がお送りする 「Re・rise Short Story」のチャンネルです。
「Re・rise Short Story」ではさまざまな方の夢やビジョンを語る動画を投稿しています。
『美しい時代を創る人達』と題し、
今の時代をリードし活躍されている方々にお話を伺い、その人の尊厳性を引き出し、希望を創っていきたいと取り組んでいます。

サイトQRコード

qrcode
月を選択
2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP