比較をするなら過去の自分と

【Vol.1158】

心も身体もたおやかに美しく!
身体のトータルケアと色彩心理で
自己実現と調和のとれた未来を生きる

ボディカラー®︎メンタリストの
山田祐子です。

今日から娘は修学旅行に。
本当は沖縄へ行く予定を
仙台・福島に変更し、

 

こんな最中で賛否両論あれど
学校の様々な配慮で実現した。

 

人生振り返れば
修学旅行は大きな思い出のひとつ。
楽しい時間を過ごしてほしいと思う。

 

さて、
今日はどうしても
自信を持てない人、

自己肯定感が低いなぁ〜

と感じてしまう人へ
ちょっと元気になれる方法を🎶

 

自己肯定感。
最近特によく聞くワード。

自己肯定感とは

 

「自己肯定感」とは端的に言えば、自分が自分であることに満足し、価値ある存在として受け入れられること。いわば私たちの人生の軸となるエネルギーです。

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/276344

 

この感覚、世界から見ると
日本人は著しく低いらしい。

 

これに関しては
歴史や文化、環境
そして、個性もも
ちろん関係するわけで

日本人だから皆が
自己肯定感が低いわけではない。

 

という私自身も
どちらかといえば
自己肯定感低めな人間😅

 

要因は様々に考えられるけれど
どうも言葉の使い方にあるのではないかと
思うようになった。

例えば、待ち合わせの時間が迫っていて

あと〇〇分しかない💦

と頭に浮かぶ言葉で煽るのか

まだ〇〇分もあるから大丈夫!!

と安心をつかんで行くのかでは
雲泥の差がある。

 

さらには、
〇〇に比べて私は、、、

 

なんて
他者と比較をしていることは
ないだろうか。

 

これをしてしまうと
自信そのものも無くなるのだから
当然自分を認めたり
優しくなんてなれない。

 

自信がないという人は
必ずと言っていいほど
人と比べているのよね。、、、。

 

私も長いことそんな人生だったから
よくわかるのよ。

 

でもね、それって
本当に本当に意味のないこと。

 

であれば、人と比べるのをやめて
過去の自分と
比べてみるのはどうだろう?

 

あの時と比べて私はよくできている
あの時よりは前に進んでいる
あの日を大きく超えてきた

 

そんな比較だったら
とても肯定的で
たとえ今、
うまくいっていない時であっても

 

過去の自分に勇気をもらうことができる!

 

自分が自分の一番の応援者であることが
幸せの一歩だと思う。

赤は、自己主張の色。自信のない時に 自信をつけたい時には味方になってくれる色でもある。

過去の自分と今の自分
あなたは確実に
成長しているのだから

 

比較をするなら過去の自分と
ビューティフルステートな生き方を

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

関連記事一覧

RAYS色彩心理研究所

Profile

TRINANGLE 友だち登録

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↓↓↓

インタビュー動画が公開されました

来るAI時代に、尊厳破壊の危機をチャンスに大反転させ、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造WEBマガジン”Re・rise News”がお送りする 「Re・rise Short Story」のチャンネルです。
「Re・rise Short Story」ではさまざまな方の夢やビジョンを語る動画を投稿しています。
『美しい時代を創る人達』と題し、
今の時代をリードし活躍されている方々にお話を伺い、その人の尊厳性を引き出し、希望を創っていきたいと取り組んでいます。

サイトQRコード

qrcode
月を選択
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP