自分の体験が誰かの勇気になるのなら

【Vol.1244】

骨盤ケア・色彩心理・言葉の磨き方で
心も身体もたおやかに美しく!
自己実現と調和した人生を生きる

ボディカラー®︎メンタリストの
山田祐子です。

私、、、
緊張の糸が切れたようで🤣
病床からお届けとなります〜。

そんな中、
今日は皆さんにぜひ、
私たちの取り組みを知っていただきたく、
綴ることにします。

(実は、昨日はブログを書いていません🤣
あえていう必要もないかとも思いましたが、
ここでの学びもありました。
これについては、またの日に)

 

 

あなたは、過去
どんな「悲しみ」を味わってきましたか?

「悲しみ」の定義もまた人それぞれ。
ですが、病にかかると言うことは

誰にとっても、そのご家族にとっても
大変な「悲しみ」をともなう
ことではないでしょうか?

私たちはちょうど1年前に、
乳がんサバイバーさんと
約3ヶ月間共にする体験をしました。

 

コロナ禍にあって、たまたま
私のクライエントさんが2名。
乳がんという「悲しみ」を
体験されている最中でした。

 

覚悟はしていたものの、、、
実際には体の変化や物理的な喪失感で

 

仕方のないこととはいえ
なんともいえない「悲しみ」
に襲われたと言います。

そんな術後の回復に

 

“私たち運動指導者ができることはないか”

と、主に、筋肉の萎縮を軽減し、
からだバー®の特性を生かした検証をしたのです。

 

例えば、
両手を挙げる動作や
日常生活ではなかなか伸ばすことのできない
脇腹を心地よく伸ばし、

下半身はスクワットやバランス力を高める
エクササイズをバランスよく取り入れて

3ヶ月の成果は、私たちが驚くべきことに
集中したのです。

それは、
乳がんサバイバーさんの
「心に寄り添う」ということでした。

 

家族にも話せないことを聞いてもらえて本当にありがたかった!
週に一度のセッションが日常の張りになっていた!
先生に「いいですよ!前回よりよくなっていますね!」
なんて褒められると嬉しくて!

 

この取り組みを、
ぜひ多くの運動指導者に知ってほしい!

 

そこで昨年11月のオンラインフェス
さらには2月のZOOMにて公開しました。

そこで、運動指導者から上がった声とは、、、。

全国から集まった運動指導者の皆さん!素晴らしい感想をたくさんいただき、ありがとうございました🎶

 

ぜひ、下記のページから
私たちの取り組みと、
実際に運動指導者が何を感じ、
どんな気づきがあったのかを

ぜひ、ご覧ください。

3/27 (土)20時
こちらの内容で多くの指導者の皆様へ
お届けします!

そして!
ご参加くださった方へ
からだバー®︎をプレゼントします🎶

このチャンスをお見逃しなく🎶

 

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↑

関連記事一覧

RAYS色彩心理研究所

Profile

TRINANGLE 友だち登録

季節に順応するカラダづくりや色活用法、ワークショップなどのお役立ち情報を配信しています
ご登録はこちらから↓↓↓

インタビュー動画が公開されました

来るAI時代に、尊厳破壊の危機をチャンスに大反転させ、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造WEBマガジン”Re・rise News”がお送りする 「Re・rise Short Story」のチャンネルです。
「Re・rise Short Story」ではさまざまな方の夢やビジョンを語る動画を投稿しています。
『美しい時代を創る人達』と題し、
今の時代をリードし活躍されている方々にお話を伺い、その人の尊厳性を引き出し、希望を創っていきたいと取り組んでいます。

サイトQRコード

qrcode
月を選択
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP